かくかくしかじか、情報商材

何が何でも、情報商材のコンテンツをたくさん掲載しますので、暇な方読んでください。

お茶のおまけが高値になる資産運用について

      2016/08/18

農家さんである場合、または農家さんや何かの会合などを開くときに、お茶が大量に購入されることがあります。

特に、農家さんでは、農作業などを行う際には、ペットボトルのお茶は必要不可欠なことが多く、もちろん、水筒などを使ってもよいのですが、農作業の時には、水筒などが汚れやすいというデメリットがあるため、田植えの時期などには、大量のペットボトルのお茶が必要となることがあります。

このペットボトルのお茶についてですが、お茶のメーカーさん、企業さんによっては、たびたびキャンペーンをおこなっているケースがあり、このようなキャンペーンには、お茶のおまけとして、シールなどの応募券がついてくることがあります。

この応募券を例えば50枚集めると、とても豪華な宿泊施設にご招待!などのイベントを行っているため、毎年、このようなキャンペーンが始まると、おまけの応募券を求めて、オークションなどにとてもたくさんの入札が入ります。

そのため、上記のように、農家さんであったり、お茶を大量に購入する機会がある場合には、買いだめなどをしておいて、応募券などを、オークションに売る、などの資産運用もできます。

お茶は賞味期限がかなりあるため、買いだめも可能です。

 - 情報商材