かくかくしかじか、情報商材

何が何でも、情報商材のコンテンツをたくさん掲載しますので、暇な方読んでください。

脱サラ後には自分で税金も社会保険料も支払わなくてはいけません

      2016/08/15

脱サラ後には、個人事業主であれあるいは法人の設立であれ、国民年金や国民健康保険であれ、自ら支払わなければいけません。通常は会社などの雇用主が支払うものなので、サラリーマンのときには心配する必要がなかった負担をしなければいけないということになります。
収入が増えることばかりに目が行きがちな脱サラと独立ですが、収入が劇的に増えなければ独立しても返って支出が多くなり、生活が苦しくなることがあり得ます。逆に独立したことで収入が一気に多くなるのであれば、むしろ独立して稼いだ方がよいと言うことにもなります。こうした点は、独立する前に事前に目安を考えることが求められます。インターネット副業から本業に切り替えようと思うときにも、いつまでこの仕事が出来るのかなどをよく考えながら、検討をしなければいけないでしょう。
収入が不安定でも個人で生活をしている場合には、なんとかなると割り切れるでしょう。しかしながら、家族を養っている場合には、収入面で不安になることをよく考えなければいけません。ただ、悪いことばかりではなく、もし収入が大きい場合、厚生年金に加入していれば厚生年金保険料も増えることから、将来もらえる厚生年金が増える可能性も出てきます。

 - 情報商材